忖度2018

以下は、2018年8月5日にメモしたものだったようです。

===========================

国家行政の最高責任者は,「そんなことは言っていない。」と繰り返されますが,人事権,政策決定権を(少なくとも立場上は)全てその方が握ってます。そうすれば,放っておいても「忖度」して,自分の言うことを聞いたような行動をみんながとってくれるのではないでしょうか。それが万一批判されても,「そんな具体的指示は一度もしていない。」と言えばいいと思っていらっしゃるような気がします。

最近の官僚の方々のあからさまな不祥事に,「何であんな不祥事のイロハに書かれていることを,省内全体に不祥事防止を指導する立場の方々が守れなかったのか?」と疑問に思いましたが,遠因は「一人独裁」にあったのではないかと思えてきました。

自分の能力を人事や政策で発揮できない状況が続けば,多くの場合、(1)決定権を握っている者の従者になるか,その者の意向を推し量って,冷遇されないようにする,(2)公式の場で自分の志を遂げることは諦めて,裏での利益追求で鬱憤を晴らす,などの対応をするのではないかと思います。それが普通の公務員でなく,極めて有能な官僚の方々なら余計にそうだろうと思います。

若い頃,「優秀な人なら,悩みなんかないだろう。」と思っていたことがありましたが,下から見れば「十分成果を上げている」と見える人でも,その人の基準や要求水準からすれば不十分かもしれませんし,優秀な人ほど,その能力を十分発揮できる場を求めるのでしょう。

スポーツ界の度重なる不祥事も同様の気がします。「選手にそんな具体的指示は出していない。」というのは,そうかもしれません。しかし,「忖度しないと次からは試合に出してもらえないかもしれない。大学自体の管理職も兼任しているから,部活動以外でも冷遇されるかもしれない。」と思えば忖度するでしょう。「終身会長」などという地位を作って(?)おきながら,「具体的指示も出していないのに,忖度されても困る。」とは・・・。

しかし,某国の小独裁者の方々ばかりでなく,世界の大国の大独裁者についても支持率は下がりません。確かに,これらの方々の独断専行の中には,「誰かが悪者になって今やらなければいけない」というものもあるのでしょう。だとしても,どこかで自浄作用が働かなければ,いつか破綻するのは,行政機関の現最高責任者が好きだと思う戦前の某国の歩みをみても自明だと感じます。

その点某超大国は,独裁者が出ても地方自治が某国より強いし,良くも悪くも国民の考え方のばらつきや差が大きいので,連邦政府が何と言おうと,州単位・市単位では造反することも可能だろうし,現にそうした動きが出ているようです。翻って某国は凝集性が高く,先頭が行く方向にみんな従う傾向があるように思います(私もその一人です)。大丈夫かなあ?

===========================

3年半前のメモは以上です。

今、半藤一利 2009 『昭和史 1926-1945』(平凡社ライブラリー版)と、内田樹 2021 『コロナ後の世界』(文藝春秋)を読んでいます。半藤さんは戦前の日本政府や日本軍の失策(無策?)を克明に述べられ、内田さんは2019年から2020年頃の日本の政治指導者や日本そのものの戦後の在り方について、痛烈に批判されています(と私は感じました)。「〇〇を取り戻す」みたいなスローガンを同時に掲げた二人の指導者が、とりあえず表から退かれた今(お二人とも再起や舞台裏からの影響力行使をなされようとされているのかもしれませんが)、半藤さんや内田さんの論考も読みながら、今を少し考えたいと思っています。

 

|

軍都・相模原のこと

きっかけは相模女子大の桜を見る催しに出かけたときでした。「百年桜」と聞いて,「何で100年も前から?」と思ったことでした。当時,相模女子大自体に100年以上の歴史があったことを知りませんでしたが,今の場所に移ったのは第二次世界大戦後だと思っていたので,そんなに前から残っている木はないだろうと考えたのでした。よく考えれば,仮に最近移転したのだとしても,それ以前からの木が残されていれば,「樹齢100年」ということもあるわけですが,そこまでは考えませんでした。( 学内の桜の様子をお届けします ~オンライン桜見学~ | 大学からのお知らせ | 相模女子大学・相模女子大学短期大学部 (sagami-wu.ac.jp)  )

2018年春の花見会のとき初めて同大学の構内に入ってみて,その場所に戦前は陸軍通信学校があったこと,当時の将校倶楽部やその隣のフランス庭園が今も残されていることなどを知り,「そうか戦前からあったのか」と樹齢100年に納得したのでした。最近知ったのですが,陸軍通信学校がこの地に移転したのが1938年(昭和13年)ですから,そこから数えても100年にはなりません。

その後,生まれて初めの手術を国立病院機構相模原病院で受けることになり,近所のかかりつけ医でこの病院を紹介されたとき,「大病院というと北里大学病院を考える人が多いけれど,相模原病院は元々陸軍の病院(注・臨時東京第三陸軍病院)でこの分野のスタッフは充実しているから・・・」というような説明を受けました。それで,実際に入院したとき,昭和天皇が視察に来られたときの写真が掲示してあって,確かに軍の施設だったんだことを実感しました。

地元に長く住んできたわけではなかったので,相模原病院に通院したことをきっかけに小田急相模原駅付近へ行く機会が多くなり,同駅付近に広大な米軍住宅が今もあることを初めて知りました。また,「そういえば相模大野中央公園のあたりは元米軍病院(米軍医療センター)だったと聞いたことがあるし,淵野辺駅近くには今も米軍の補給廠があったのでは?」などと思ううち,「何でこんなに相模原市内に軍関係施設が多いのだろう?」という疑問を持ちました。

たまたま近所の公民館にあった市立公文書館のチラシで,現在「『軍都計画』と相模原」という展示が行われており,(2021年)4月24日に「トークトーク」と題する説明会があることを知って,一度行ってみようと思いました。事前に展示してあった市史で当時のことを斜め読みし,実際の「トークトーク」での説明を聞くことで,この地に第二次世界大戦に突入する少し前,多くの軍関係施設が作られて事情がおおよそ分かりました。

陸軍士官学校(1937年9月移転。現・米軍キャンプ座間)は,戦争拡大とともに徴兵で規模が大きくなった軍組織を統括する幹部を養成する任務が拡大したものの,都心では手狭で規模を広げられなかったため,どこか移転する場所を探し,「(1) 行幸に便利,(2) 土地が安くて収用しやすい,(3)…,(4)..., (5)富士山が見える」などの条件が挙げられて候補地が5か所選ばれたようです。陸軍士官学校が移転する前,このあたりは田んぼや畑ばかりだったので,都市化した地域に比べれば安く収用できるし,その割に都心(陛下のお住まい)からも交通の便がいいということで,「富士山が見える」には合致しなかったものの,ここが選ばれたとのことです。

公文書館に行ったとき,説明してくださった方に「軍都となったことで,何か良かったことはあったのでしょうか?」とお尋ねしたところ,確か「道路が整備されるなどして,土地の利用価値が高まったということはあると思う。」というお答えだったと記憶しています。

|

「解散」の唄2020年6月

高田渡が「値上げ」という歌を歌っていた。(作詞・有馬敲)

【抜粋】

値上げは全然考えぬ,・・・,極力値上げはおさえたい,・・・,値上げを認めない

値上げはあるとしても今ではない,・・・,値上げをするかどうかは検討中である

値上げの時期は考えたい,・・・,値上げには消極的であるが,・・・,近く値上げもやむを得ぬ

・・・,値上げに踏み切ろう。

【二階幹事長20200623】

「年内に解散ということは頭の片隅にもない」が,「いつ解散があってもいいという研ぎ澄まされた感覚で政治に臨んでいかなくてはならない。」

【森山裕国会対策委員長20200620】

「今年はひょっとしたら衆院選があるかもしれない」

【甘利昭税制調査会長】

「秋以降,経済対策と合わせて(解散)する可能性はゼロではない」

【安倍首相20200620】(0618の通常国会閉会後の記者会見でも,ほぼ同じ内容の回答)

「解散は全く頭の片隅にもないが,政治を前に進めていくために必要とあれば躊躇なく国民の声を聞きたい」

 

 

| | コメント (0)

小松左京 1964 『復活の日』からの抜き書き

「・・・,あらゆる暴力政治家がそうであるように,彼の豪放さは,子供じみた恐怖心をさとられまいとするための仮面でした。---彼の性格には,・・・賭博師のそれがありました。賭博師は,・・・無謀な勇気の方が,理性より価値があると思っています。彼の知性はみせかけで,究極的な所では,子供じみた判断からぬけ出せませんでした。---すなわち,・・・,・・・最高の判断は,常に最高権力者のみがくだすべきだ,という暴君的な信条です」 (角川文庫,2018改版版,p.377)

| | コメント (0)

「焼き海苔放浪記」

標題は朝日新聞土曜版(2020.6.27)の中沢けいさんのコラムの題です。いわく「超高級な海苔ではなく,ふつうに美味しい海苔」を売っている店が余りなくなったとのこと。横浜の平潟湾(ひらかた)や乙舳海岸(おっとも)あたりに,昔は海苔粗朶(そだ)が林立していたという話もありました。
関東ではありませんが,ほんの短い間ヨット部に所属していた昔,「海苔網に近づくな」と先輩から厳しく言われたことを思い出しました。家族が一時住んでいた浦安も,元々は勿論TDLの町ではなく沿岸漁業の町で,海苔養殖もしていたと聞きました。
中沢さんのコラムでは,そうした大都市に近い沿岸での海苔養殖が(おそらく埋め立てなどで)衰退したことにも触れつつ,町の魚屋,豆腐屋,乾物屋などの個人商店が,大きな災害のたびに消えていくので,例えば海苔の仕入れが上手なお店がなくなってしまったのだろうとのことでした。
平成の初め頃から親元を離れて自分で食料品などを買うようになりましたが,個人商店があっても敷居が高い印象があったり,そこだけでは食材がそろわなかったりして,大抵はスーパーで買ってきました。単身赴任でいくつかの地方の町に住みましたが,近所に「商店街」のあるような地域に住むことはなく,やはりスーパー頼りでした。
個人のお店に今でも通っているのは,特徴ある地酒を置いている町の酒屋さんと,美味しい魚を御主人が仕入れていらっしゃったり,定番の総菜があったりする居酒屋さんくらいでしょうか。あとは,細々と頑張っている町のケーキ屋さん,そして最近では個人経営の焼きたてパン屋さんにもときどき行っています。
あらためて考えると,中沢さんの娘さんが美味しい焼き海苔を探されたように,ちょっと食べただけでは大きな違いは分からないけれど,じっくり味わうと違う食材を選ぶ力は,私にはないと思いました。前記のお酒や居酒屋も,本当に味の違うものを求めているのかと考えると,「他の店にはない地酒を探しているだけ」,「チェーン店にはない雰囲気を求めているだけ」のような気もします。
味の違いが分かるか,個人商店の良さを守れるか,等々,いろいろな主題が含まれるようで,まとめることができないまま失礼します。

| | コメント (0)

«おせちに使う焼きハゼ