« フォークと演劇 | トップページ | むかしむかし »

朝日名人会

26日,有楽町のマリオン11階,有楽町朝日ホールへ,第49回朝日名人会を聞きに行きました。土曜日の午後2時からだったので,子供たちを留守番させて,本当に久しぶりに家内と噺を聞きに行きました。会の名前は,それを録音したCDで知っていたのですが,1999年から始まった比較的新しい会とは知りませんでした。ひょっとして「前身」があるのでしょうか。

中堅からベテランで名の知れた真打だけでも,さん喬,円窓,歌丸が出るという豪華版。今の馬生さんについては,先代が自分のお気に入りということもあって,余り聞いたことがありませんでしたが,なかなかでした。残り一人は,立川笑志さんで,この方は初対面。「狸賽」という軽めの噺でしたが,まだどんな芸風の方なのか分かりませんでした。

自分で定席の寄席に通って「見つけた」と思っているせいもありますが,さん喬師匠の高座にはいつも何か新しい工夫があり,聞き慣れたネタでも油断ができません。この日の演題は「幾代餅」で,多分さん喬師匠としても気に入っていらっしゃるネタではと思いますが,医者の薮井竹庵先生が出てくるあたりのくすぐりなど,こっけいな部分をぎりぎりまで削り落とし,本当にしっとりした人情噺に仕立てられていました。いつもながら,女性を演じられるときのしぐさは,若いころの文枝師匠とはまた違った色気を感じさせます。

円窓師匠は「叩き蟹」という噺,見慣れない演題でどんな噺かと期待していましたら,甚五郎ネタでした。円窓師匠は一時期とても気に入っていたのですが,最近は生以外でも余り聞いていませんでした。もうかなりお歳を召されていると思いますが,若々しいとぼけた調子の軽いくすぐりが,何とも懐かしかったです。

馬生師匠は,少なくとも襲名されてからは初めて聞いたと思いますが,この日は音曲噺仕立てでの「稽古屋」。唄いなどを全く知りませんので,お上手かどうかの評価はできませんが,故円生師匠の域にまで近付かれるのかなあと楽しみです。「軽くて粋で落ち着いている」といった芸風は,先代馬生師匠に通じるものがあるように思いました。

歌丸師匠が「笑点」でふざけているだけでないことは知っていましたし,人情噺のCDも持っているのですが,生で聞いたのは多分初めてです。この日は「井戸の茶碗」。オチの部分がちょっとあっけなく感じましたが,2人の武士と屑屋とのやり取りのあたりは「手慣れた」演じぶりだったと思います。

2時開演で20分の休憩をはさんで終わったのが5時20分くらい。中堅以上の師匠連の名演を「おなか一杯」楽しみました。思い付きでチケットを買った割には,若干後方ながらほぼ中央のいい席で,周囲も年男の私が一番若い部類ではと感じるほど,落ち着いた方々ばかり,ちょっと上等な雰囲気を味わいました。

|

« フォークと演劇 | トップページ | むかしむかし »

コメント

先程は、home-9のページにトラックバックとコメントをお寄せ頂き、感謝致します。
初めて親に連れられて寄席に行ったのは7歳のときですから、もう通算ではかれこれ50年以上の落語ファンと言う事になります。
いずれ、既に鬼籍に入られた芸人さんを含め、それぞれの思い出を記事にしたいと考えていますので、その際はまた改めてご案内致します。

投稿: home-9 | 2005.02.27 10:44

勝手にお邪魔しまして失礼しました。
昨年は気がついたら46回も会場へ足を運んでいました。
今年は忙しくてほとんど行けていません。
でも、行くと本当にゆったりして自分を取り戻せるような気がして止められません。
朝日名人会は唯一土曜日の定例会で、よほどのことがない限り聞きにいけますので、今までは半年予約をして楽しんでいました。
こんどは年間予約が出来たので、すくなくともその回数だけは楽しめます。

投稿: ざび | 2005.03.02 21:17

遅ればせながら,home-9さん,お返しのコメントをありがとうございます。

うちの親は落語を聞く趣味などありませんので,何がきっかけで聞くようになったのか,よく分かりません。ただ,「レア物」のネタも大分聴きましたし,最近ようやく「好み」と言えるものもできてきたようですので,そろそろ「趣味」と言ってもいいかなあと思っています。

投稿: なも | 2005.03.03 00:12

ざびさん,「勝手に」来てくださって一向に構いません。うちは,人に見てもらおうという工夫をしていませんので,たまにお客様がいらっしゃると大喜びです。

46回とはすごいですね。昔,池袋演芸場がまだ3階だったころ,日曜日に昼から夜の9時まで本当にぼーっと聴いていると,職場でのもやもやを一時忘れられたような気がします。そのころは,同僚でTBS落語研究会の常連になっている人がいて,ちょっと無理して毎月のように聴きに行っていました。

投稿: なも | 2005.03.03 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日名人会:

» 朝日名人会第49回 [私的落語〜だけじゃない〜日記]
朝日ホール2005/2/2614:00〜17:35思いのほか出迎えの拍手の盛り上がらない観客でした。とは言いつつ、最後は「今日は良かったね」の声が道々聞こえて大... [続きを読む]

受信: 2005.03.01 21:09

« フォークと演劇 | トップページ | むかしむかし »